【第11回中央執行委員会開催報告】

3月26日(金)、第11回中央執行委員会を開催しました。
緊急事態宣言が解除されて初の中執で、Webと集合を併用したハイブリッド開催となりました。

議題は、①新型コロナウイルス感染症関連、②2021春季生活闘争のまとめ、③労働対策関連などを中心に、数多くの議題について議論しました。
また、今春闘で要求した「次期中計策定への労働組合の参画」についても議論しました。

【大切な命を守るために】

3月21日に緊急事態宣言が解除されました。

中央労金労組は、これまで「命と健康」を最優先に活動してきました。引き続き、組合員の不安を払拭するために、組合員の声を拾い上げていきます。

一人ひとりの行動が、自分の「命と健康」を守ること、さらには、大切な人の「命と健康」を守ることに繋がることを、全組合員で再認識し、このような危機的状況だからこそ、これからも「緊張感」を持って、ともに前を向いて歩いていきましょう。

【あの日を忘れない】

「あの日を忘れない」

多くの人々が犠牲となった東日本大震災から10年が経過しました。

現在もなお、4万人を超える人々が避難生活を強いられています(復興庁発表「全国の避難者数」令和3年2月26日時点)。

中央労金労組では、これまで「南相馬ボランティア」「福島応援セット」「全労金連帯カンパ」の取り組みを行ってきました。

2020年度運動方針には、「震災から復興・再生にむけた取り組み」を掲げており、震災を風化させない取り組みを今後も継続していきます。

【第2回中央執行委員会開催報告】

10月22日(水)第2回中央執行委員会をWeb開催しました。
議題は、新型コロナウイルス感染症関連、第20回統括支部総会のまとめ、2020年度執行方針について、をはじめに、数多くの議題で議論を重ねました。
いよいよ2020年度が本格始動し、2021春季生活闘争に関連した議論も開始しました。

【第1回全役員会議開催報告】

10月10日(土)、第1回全役員会議を開催しました。Zoomを利用し、統括支部役員を含めた全役員で年度当初の意思統一を行いました。
東北労組出身の全労金委員長より「約束〜私たちは忘れない・伝える・寄りそう・続ける・繋がる」と題し、東日本大震災から10年という節目の年にあたり、当時の状況や全労金の取り組み、震災を風化させない、といったことを中心に講演をいただきました。
その他、新型コロナウイルス感染症関連、全労金「労働組合の行動計画」、2020年度執行方針および年間活動計画、労働対策関連、組織強化にむけた意見交換、など、多くの議題について意見交換しました。

【第23回定期大会を開催しました】

8月29日(土)、第23回定期大会をリモートにて開催し、代表代議員20名、執行部(zoomウェビナー参加含む)80名が出席しました。議事は、①委員長挨拶②来賓挨拶(ビデオメッセージ)③議案提案、④特別決議等。
③議案審議では代議員からの発言を受け、執行部答弁ののち、全議案全会一致で可決しました。
④「新型コロナウイルス感染症の影響下における『労働組合の役割発揮』に向けた特別決議(案)」を提案したのち代表代議員の拍手により採択しました。

さらに、本大会では、「自然災害に関わる取り組み」として、全労金より提供を受けたボランティア映像を放映しました。

大会最後には、委員長による「団結ガンバロー」を行い締めくくりました。

2020年度の新役員体制での活動がスタートし、9月には各統括支部で統括支部総会を開催します。支部体制を早期に確立し、組合員が力を合わせて一つ一つの課題をに取り組んでいきましょう。

【レッドカードアクション】

8月29日(土)に開催された第23回定期大会のなかでは、今年度も「レッドカードアクション」に取り組みました。
全労金組織全体では、「子どもの貧困」の解消に向けた取り組みとして、「ありがと本」の取り組みや、子どもへの教育支援を展開している「全国子どもの貧困・教育支援団体協議会」に加盟する地域団体との連携をしています。
平和で安全で安心して暮らすことができる社会をつくるために、児童労働撲滅に向けた取り組みの輪をひろげていきましょう。
STOPCL

【第6回統括支部支部長会議開催報告】

8月6日(木)Web会議にて開催しました。参加者は四役、統括支部長、合わせて17名。

協議事項は①2020年度秋季人事異動関連②2020年度役員体制③新型コロナウイルス感染症関連④第43回中央委員会まとめ⑤第23回定期大会関連⑥財政関連⑦第20回統括支部総会の取り扱い⑧労働対策関連⑨その他

本会議で今年度予定している統括支部長会議は全て終了しました。

【広島原爆の日に黙とうを実施しました。】

広島は、8月6日、原爆が投下されて75年となる「原爆の日」を迎えました。

新型コロナウイルスの影響で、例年どおりの追悼が難しい状況となるなか、被爆地・広島の街は、犠牲者を追悼する祈りに包まれるとともに、核兵器のない世界の実現に向けた訴えを、国内外に発信しています。

中央労金労組では同日8月6日に開催された、第6回統括支部長会議参加者全員で、原爆死没者と戦没者のご冥福と世界平和を祈り、黙とうを実施しました。

平和とは何か。

「核抑止力による平和」ではなく「核兵器のない平和な世界」の実現を願います。

8月9日長崎原爆の日についても平和祈念式典が、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ観点から参列者を限定し、行われました。

【レッドカードアクション】

7月31日(金)に開催された全労金69回定期大会のなかでは、今年度も「レッドカードアクション」に取り組みました。
全労金組織全体では、「子どもの貧困」の解消に向けた取り組みとして、「ありがと本」の取り組みや、子どもへの教育支援を展開している「全国子どもの貧困・教育支援団体協議会」に加盟する地域団体との連携をしています。
平和で安全で安心して暮らすことができる社会をつくるために、児童労働撲滅に向けた取り組みの輪をひろげていきましょう。
STOPCL