第5回全役員会議を開催しました。

中央執行委員長挨拶

7月1~2日に第5回全役員会議を開催し、中央執行委員および統括支部役員総勢69名が出席しました。

議題は、①改定・統一退職金制度、②全労金第67回定期大会関連   、③第21回定期大会関連、を議論しました。特に、第21回定期大会関連では、2018年度に向けて運動方針(素案)を各担当四役から提案を行い活発な意見交換を行いました。

また、青年委員会・女性委員会より中央執行委員会に向けて提言を行いました。
2日目は分散会を行い運動方針(素案)や青年委員会・女性委員会からの提言を議論しさらに深めました。
全役員会議で行った議題は、7月21日に開催する第37回中央委員会で各支部へ提案します。各支部では議論を進められるよう、職場集会の設定をお願い致します。

 

第35回中央委員会を開催しました。

前田中央執行委員長挨拶

2018年2月24日(土)、労金会館9階大会議室にて中央委員134名・役員59名が参加し第35回中央委員会を開催しました。
議題は、諸活動報告の後、
第1号議案「中央労金労組2018春季生活闘争方針の承認」、
第2号議案「2018年度労働対策活動方針の承認」、
第3号議案「労働時間管理に関する基本協定および2018年度時間外・休日労働協定締結方針の承認」の審議を行い、参加された中央委員から3件の意見をいただきました。

 

全議案とも全会一致で可決し方針が確立され、2018春季生活闘争が始まります。中央闘争委員会は、3月6日に要求書の提出を行います。各支部においては、3月6日に一斉職場集会で「春闘速報」の読み合わせと「春闘速報」を所属長へ手渡し、要求・申し入れ内容等を伝
えていきましょう。
団結して頑張りましょう!

 

 

 

2017年度第1回財政担当者会議・第1回情宣担当者会議を開催しました。

11月9日に第1回財政担当者会議・11月10日に第1回情宣担当者会議を開催しました。

第1回財政担当者会議では、①財政処理の基本、②会計ソフトの入力作業について、③過去の事例やポイント注意点について、などを行いました。

第1回情宣担当者会議では、①情報宣伝活動の目的、②統括支部ニュースの発行について③単組「Facebook」・単組ホームページ(統括支部活動報告)の活用について、などを行いました。

財政担当者会議では、各統括支部が会計マニュアルに沿った手続きができるように徹底を図りました。会計手続きをこまめに行うよう心がけていきましょう。                     情宣担当会議では、写真の撮り方やホームページなどの掲載方法など確認を行いました。情報宣伝担当者が本ホームページ統括支部活動報告の更新を行います。ぜひ、チェックをお願いします。

 

第1回財政担当者会議 

 

第1回情宣担当者会議

2017年度第1回東部5労組連絡会議を開催しました

10月29日(日)~30日(月)、水戸支店会議室および独立行政法人原子力科学研究所(東海村)にて開催し、中央・新潟・長野・静岡・ろうきんセントラル労組、オブザーとして全労金・北陸・東海労組、全体で39名が出席しました。

1日目は、日本原子力研究開発労働組合(原子力ユニオン)中央執行委員長、同東海支部書記長より、「原子力エネルギーの役割と原子力ユニオンの取組みについて」をテーマに講演をいただきました。その後に開催した分散会では、前回に引き続き「男女平等」「労働対策」「組織対策(教育政策)」「青年活動」の4つのグループに分かれ、各単組活動報告、5労組としてめざす到達点や次回までに統一して実践することについて意見交換を行いました。

2日目は、原子力研究開発機構の施設見学として、J-PARC内の施設を回り、現地スタッフから最先端の研究や私たちの生活にどのように活かされているなどについて説明を受けました。

連絡会議を通して、日本のエネルギー問題について考え、また5労組間の連携密に活動を相互に高めていく機会となりました。

第1回連絡会議参加者メンバー

「組織活動」グループのみなさん

「労働対策活動」グループの皆さん

「青年活動」グループの皆さん

 

 

「男女平等」グループのみなさん

分散会の様子

分散会の様子

分散会の様子

研究施設内にて

施設見学の様子

 

 

 

 

 

原子力研究施設の見学を終えて

 

第1回全役員会議を開催しました。

9月30日(土)労金会館9階会議室にて、中央執行委員および統括支部役員総勢65名が出席しました。

第1回全役員会議では、全労金中央執行副委員長より、「組織風土改革の実践に向けて」をテーマに講演を受けました。具体的には、ⅰ管理職・監督職組合員の役割、ⅱ労働組合における経営政策活動の重要性と基本、ⅲ各職場における経営政策活動の実践に向けた課題認識、ⅳ構築すべき職場の姿の共有、を全役員で共有しました。

講話の中のテーマの一つである「労働組合における経営政策活動の中」では、「労働組合活動の最終目標は、『やりがい・はたらきがい』『働きやすさ』です。そして、労働組合の武器は組合員の生の声です。そのためにも、お互いを思い、お互いを信頼し、お互いが共に育つといった職場風土を自らの力でで創り上げていくことが大切となる。」と健全な職場風土を作っていくことが重要であると改めて認識しました。

議題では、①全労金2017年度執行方針の共有、②2017年度執行方針および年間活動計画の策定、③「仲間をひろげる取り組み強化月間」の取り組み、④その他、を議論しました。2017年度の執行方針では、各担当四役から提案を行い、活発な意見を交わし執行方針を確認しました。2017年度執行方針を各職場で確認を行い、全組合員で取り組みを進めていきましょう。

 

第20回定期大会を開催しました。

大会会場の様子

大会会場の様子

8月26日(土)、TKP秋葉原にて開催し、大会代議員169名、オブザーバー5名、単組役員70名、総勢244名が出席しました。
大会では、委員長挨拶に続き、全労金、連合東京、東部ブロック福祉協議会、全労済労組東日本総支部、金庫から来賓挨拶をいただきました。その後、職場討議結果を受け、執行部より補足提案を行いました。議案審議では、運動方針案を補強する観点から7名・11件の発言があり、執行部答弁の後、全議案を全会一致で確認しました。また、事前投票を行った2017年度本部役員体制について報告、確認しました。 続きを読む