運動方針

労働組合は、労働者が主体となって自主的に労働条件をの維持・改善、その他経済的地位の向上を図るために活動する組織です。この原点をすべての組合員が共有したうえで、「労働者自主福祉運動の担い手として、やりがいを持って健康で働き続けることができる職場づくり」「平和で安全に安心して暮らすことのできる社会の実現」に向け、「良好な組織風土の構築に向けた取り組み」を通じ「労働組合の社会的役割発揮の取り組み」「雇用と生活を守る取り組み」「労働者自主福祉運動の発展に向けた取り組み」を運動の柱に、性別や雇用形態に係わらず、組合員一人一人が主役となって取り組んでいきましょう。

2019年度運動の基調

やりがいを持って健康で働き続けることができる職場づくり、平和で安全に安心して暮らすことできる社会の実現

良好な組織風土の構築に向けた取り組み

取り組みの柱1「労働組合の組織強化と社会的役割を果たす取り組み」

  • 震災からの復旧・復興・再生に向けた取り組み
  • 自然災害に関わる取り組み
  • 男女平等参画社会実現に向けた取り組み
  • 仲間を広げる取り組みの展開
  • 青年委員会活動
  • 女性委員会活動
  • 組合員教育の充実
  • 情報宣伝活動
  • 全労金・他単組との連携
  • 社会運動・地域運動・平和運動の強化
  • 共済会活動等

取り組みの柱2「雇用と生活を守る取り組み」

  • 安定雇用の実現
  • 意識の醸成と組織風土改革
  • 命と健康を守る取り組み
  • ワークライフマネジメント推進
  • 保険衛生委員会への関わり
  • 公平・公正な労働条件の確立

取り組みの柱3「労働者自主福祉運動の発展に向けた取り組み」

  • 良好な組織風づくりに向けた取り組み
  • 経営政策活動の強化
  • 労働者自主福祉運動の発展に向けた取り組み
  • 労済労連との連携強化