【第1回中央執行委員会開催報告】

【第1回中央執行員会を開催しました】

9月15日、Webにて第1回中央執行委員会を開催しました。
議題は、①報告事項、②中央執行委員としての役割、③全職場ヒアリング、④新型コロナウイルス感染症関連、⑤第24回定期大会まとめ、⑥全労金2021年度執行方針、⑦全労金2022春季生活闘争関連、⑧中央労金労組2021年度執行方針(案)、⑨第21回統括支部総会への対応、⑩自然災害関連、⑪全労金「労働組合の行動計画」、⑫経営政策活動関連、⑬労働対策活動関連、⑭組織対策活動関連、⑮政治活動・社会貢献活動関連、⑯情報宣伝活動関連、⑰財政関連、⑱労済労連との連携強化、⑲第1回全役員会議、⑲総務関連、⑳業務効率化関連、㉑その他、でした。

2021年度となり、新たなメンバーで労働組合活動をすすめていきます。

「無関心から関心へ」「変化を恐れずチャレンジ」

【第1回四役会議開催報告】

【第1回四役会議開催報告】

9月8日、第1回四役会議をWeb(Zoom)にて開催しました。
議題は、①報告事項、②新型コロナウイルス感染症関連、③第24回定期大会のまとめ、④全労金2021年度執行方針、⑤全労金2022春季生活闘争関連、⑥中央労金労組2021年度執行方針(案)について、⑦第21回統括支部総会への対応について、⑧全労金「労働組合の行動計画」、⑨労働対策活動関連、⑩経営政策活動関連、⑪総務関連、⑫業務効率化について、でした。

2021年度がスタートし、新たな四役体制で今年度は活動していきます。
新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえつつ、組合員の声を届けるために金庫との協議に臨んでいきます。

これから1年間よろしくお願いします!

【第24回定期大会を開催しました】

【第24回定期大会開催報告】

8月28日(土)、第24回定期大会を開催しました。
本定期大会は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況を踏まえ、組合員の命と健康を守る観点から、194名の全代議員をWebでつなぐという初の試みでWeb開催となりました。

開催宣言ののち、源波中央執行委員長より挨拶し、来賓として出席いただいた全国労働金庫労働組合連合会の末留中央執行委員長から激励のご挨拶をいただきました。

第1号議案2020年度活動報告、第3号議案2021年度運動方針(案)、第2号議案2020年度財政報告および会計監査報告、第4号議案2021年度予算(案)の順に補足提案し、審議を行いました。
代議員より、議案を補強する観点から2件発言がありました。全議案とも、賛成多数で承認されました。

昨年度に引き続き、「レッドカードアクション(児童労働撲滅)」の取り組みを出席の全組合員で執り行いました。

最後、源波中央執行委員長の「団結ガンバロウ」で締めくくり、新役員体制のもと2021年度を力強く取り組みをすすめていくことを確認し合いました。

 

【第16回中央執行委員会開催報告】

8月18日(水)第16回中央執行委員会を開催しました。

今回も新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、Zoomを活用したWeb開催となりました。

議題は、①諸活動報告、②全職場ヒアリング、➂新型コロナウイルス感染症関連、④人事政策活動関連、➄第45回中央委員会について、⑥第24回定期大会の開催に向けて、➆財政関連、⑧全労金「労働組合の行動計画」、⑨第21回統括支部総会の開催に向けて、⑩経営政策活動関連、⑪2021年度執行方針策定に向けて、⑫労働対策活動関連、⑬教育政策活動関連、⑭組織対策活動関連、⑮政治活動・社会貢献運動、⑯労済労連との連携強化、⑰情報宣伝活動関連、⑱2021年度次期役員体制、⑲2020年度を振り返って、⑳その他、でした。議題⑯労済労連との連携強化においては、こくみん共済coopご担当者様2名にお越しいただき、2022年6月の制度改定内容についてご説明いただきました。

今年度の中央執行委員会は次回8月27日(金)が最後となります。8月28日(土)に開催される第24回定期大会の成立に向け、引き続き準備を進めていきます。

【2020年度・2021年度の新入組合員セミナー開催報告】

7月22日(木)、新入組合員セミナーを開催しました。
今年度については新型コロナ感染症拡大防止の観点からZoomによるWeb開催、また昨年度開催できなかったため、2020年度・2021年度の新入組合員を対象に午前・午後に分けて開催しました。
連休初日にもかかわらず、午前の部2020年度新入組合員83名、午後の部2021年度新入組合員123名に参加いただきました。
冒頭、中央執行委員長より本セミナーは「学習と同期同士の交流」が目的であること、具体的には①活動への理解、組合活動を金庫業務へ繋げること、②不安や不満を共有し、課題解決への糸口を掴むこと、③同期の横の繋がりと困った時の相談先を作ること、以上の3点が伝えられ、各担当部より「労働組合の役割・中央労金労組の組織と活動」「青年委員活動について」「女性委員会活動について」の講演後、分散会を行いました。
分散会では、冒頭アイスブレイクとして絵しりとりを行い、互いに打ち解けた後、職場で感じていることなどをそれぞれ共有し合いました。
集合研修がなかなか開催できず同期同士の繋がりが持てないなか、交流のいい機会となりました。
これからも組合活動の発展と継承のため、各種セミナーを継続して開催していきます。

【第15回中央執行委員会開催報告】

7月13日(火)第15回中央執行委員会を開催しました
新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、Zoomを活用したWeb開催となりました。
議題は、①諸活動報告、②全職場ヒアリング、③ 新型コロナウイルス感染症関連、 ④ 第45回中央委員会の開催に向けて、⑤ 第24回定期大会の開催に向けて、⑥人事政策活動関連、⑦経営政策活動関連、⑧労働対策活動関連、⑨教育政策活動関連、⑩組織対策活動関連、⑪保険衛生活動関連、⑫男女平等関連、⑬政治活動・社会貢献運動関連、⑭全労金「労働組合の行動計画」、⑮情報宣伝活動関連、 ⑯労済労連との連携強化、⑰総務・財政関連、⑱全労金第70回定期大会への対応、⑲第21回統括支部総会の開催に向けて、⑳ 第5回全役員会議の開催、㉑次期役員体制について、㉒その他、でした。
本執行委員会には特別執行委員である全労金中央副執行委員長にも参加いただき、全労金「労働組合の行動計画」の進捗状況を共有し、継続対応項目について2021年度に向けての内容を確認しました。今年度も残りわずかとなり、次年度への引き継ぎ事項も踏まえて議論し、活動を途絶えさすことのないよう取り組んでいきます。

【第6回中央女性委員会開催報告】

7月5日(月)webにて、第6回中央女性委員会を開催しました。議題は①統括支部女性委員会活動報告②生理休暇取得促進月間について③第24回定期大会議案書策定にむけて④全労金「男女平等月間」「ジェンダー平等推進方針(案)」の学習⑤2020年度の振り返りと2021年度への引継ぎ事項について⑥その他、でした。

今年度最後となる委員会として、今年度の振り返りと次年度への引き継ぎ事項を各項目ごと行い、いきいきと働き続けられる職場づくりに向けて活動が途絶えることのないよう2021年度についても引き続き取り組んでいきます。

【第4回全役員会議開催報告】

6月27日(日)、第4回全役員会議を開催しました。労組役員68名が参加しました。各統括支部ごとに集合しWebをつないでの会議でしたが、新型コロナウイルス感染症の感染防止の観点から、自宅からの参加も認めあうハイブリット型の会議開催としました。

議題は、①諸協議事項、②全労金第70回定期大会への対応、③中央労金労組第24回定期大会への対応、④労働対策活動関連、でした。
諸協議事項では、第7期中期経営計画の策定にむけて労働組合の関わり方の議論、自然災害発生時における単組版「災害対策マニュアル(案)」の議論、中央労金労組「政治活動の考え方」の共有を中心に行いました。
また、全労金第70回定期大会および中央労金労組第24回定期大会への対応について議論を重ねました。
最後に、労働対策活動関連では、全組合員アンケートの回答結果を統括支部ごとで共有するとともに課題について議論しました。

定期大会まで残り2カ月となりますが、全役員で全力で走りぬきます。

【第13回中央執行委員会開催報告】

5月29日(土)第13回中央執行委員会を開催しました。
新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、Zoomを活用したWeb開催となりました。
議題は、①諸活動報告、②自然災害対策関連、③2021春季生活闘争関連、④新型コロナウイルス感染症関連、⑤人事政策活動関連、⑥経営政策活動関連、⑦労働対策活動関連、⑧教育政策活動関連、⑨組織対策活動関連、⑩政治・社会貢献活動関連、⑪男女平等関連、⑫全労金「労働組合の行動計画」、⑬情報宣伝活動関連、 ⑭財政関連、⑮全労金第70回定期大会への対応、⑯第4回全役員会議の開催、⑰第45回中央委員会の開催について、⑱第24回定期大会にむけて、⑲次期役員体制について、⑳その他、でした。2020年度も残り3ヶ月となり、定期大会にむけての議論も開始しました。引き続き、気を引き締めてしっかり議論を進めていきます。

【3年目・4年目/中途採用/監督職セミナー開催報告】

5月23日(土)、3年目・4年目/中途採用/監督職セミナーを開催しました。
今年度については新型コロナ感染症拡大防止の観点からZoomによるWeb開催、また昨年度開催できなかったため昨年度の対象者(4年目組合員など)も合わせての開催とし、総勢約140名に参加いただきました。
セミナーでは、講師の先生より「社会運動としての労働運動・労働者福祉運動、労金運動を考える〜優れた金融知識と技能に支えられた社会運動家としてのアイデンティティーを〜」、労働組合より「労働組合活動について考えよう」の講演を受けました。
また、セミナーの最後には、各セミナー毎グループに分かれグループワークを実施し、春季生活闘争について話し合いを行いました。
それぞれの年次や立場によって、さまざまな考え方があり、セミナーを通じて労働組合活動の理解を深め、それをグループワークで共有することができ、とても充実した時間となりました。
参加いただいた組合員のみなさん、お疲れ様でした!