【第14回中央執行委員会開催報告】

第14回中央執行委員会(第7回中闘)を開催しました】

3月28日(月)、Web併用にて開催しました。本店ビルへは16名の中央執行委員が集合しました。
議題は、①報告事項、②新型コロナウイルス感染症関連、③全職場ヒアリング、④2022春季生活闘争関連、⑤自然災害関連、⑥労働対策活動関連、⑦人事政策活動関連、⑧経営政策活動関連、⑨教育政策活動関連、⑩組織対策活動関連、⑪政治活動・社会貢献運動関連、⑫保健衛生活動関連、⑬全労金「労働組合の行動計画」、⑭情報宣伝活動関連、⑮労済労連との連携強化、⑯支部長会議の開催、⑰単組執行方針、⑱組合活動の効率化、⑲総務・財政関連、⑳その他でした。
2022春季生活闘争について、3月17日の基本合意を受け、収拾報告にむけて議論しました。また、全労金組織すべての単組で合意に達したことから、闘争体制を解除しました。
政治・社会貢献運動では、ロシアのウクライナに対する軍事侵略に対する抗議として、連合が取り組んでいる「アピールボードアクション」を行いました。

【第1回団体交渉を開催しました】

2月22日(火)、2022春季生活闘争第1回団体交渉を行い、中央闘争委員20名(テレビ会議システム含む)が参加しました。
源波中央執行委員長が「所信表明」を行い、福永書記長から要求趣旨説明を行いました。
2022春季生活闘争がスタートし、中央闘争委員は全組合員の思いを背負って闘いに臨んでいきます!

【第6回中央執行委員会】

【第6回中央執行委員会を開催しました】
1月11日(火)集合・WEBの併用にて開催しました。主な議題は、①新型コロナウイルス感染症関連、②全職場ヒアリングについて、③中央労使協定関連、④2022春季生活闘争関連、⑤職場風土関連、⑥全労金「労働組合の行動計画」、⑦統一退職金関連、⑧経営政策活動関連、⑨人事政策活動関連、⑩労働対策活動関連、⑪ 組織対策活動関連、⑫教育政策活動関連、⑬男女平等関連、⑭情報宣伝活動関連、⑮労済労連との連携強化、⑯総務・財政関連、⑰第2回全役員会議の開催に向けて、⑱第46回中央委員会の開催に向けて、⑲組合活動の効率化、⑳今後の持ち回り中央執行委員会に予定、㉑その他、でした。
冒頭、全労金が支援する女性による女性のための相談会への参加報告が行われ、コロナ禍での女性支援の取り組みや当日の状況が報告されました。また、春闘方針案の策定に向けた議論も本格化し、各項目についての意見を交わしました。組合員とともに進める春闘となるよう、取り組みを展開していきます。